TOPICS

2020.12.09

明らか食品とは

明らか食品とはなんでしょう?

トマトは明らかに野菜です

トマトを見て、
「これはサプリメントだ」と思うでしょうか。

野菜や果物、菓子などでその形状などから明らかに食品と
認識されるものがあります。

誰が見てもトマトはトマトで、
「これ、医薬品かな?」と誤解する人はいませんね。
明らかに食品であるものは薬事法の適用範囲外となり、
効能を述べても薬事法違反にはなりません。

例えば、緑茶のように、最近になってカテキンによる効果効能が
科学的に証明されている物については
効果効能を言っても問題ないということになります。

明らかに食品と認識されるものでも、
広告記載内容に注意は必要です

漢方薬”に関する素朴な疑問にお答えします | コラム | 日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニック
野菜でも乾燥させて医薬品として使うこともあります

例えば、有効成分が添加物として追加されていたり、
漢方などで乾燥して医薬品として使用する場合は医薬品類に該当しますので、
表示内容は薬機法の対象となります。

また、「〇〇病に効きます!」などと病名を利用した表現方法の場合は
購入者が病気への効果効能を期待して購入する可能性があるので認められません。
誇大表示を行うと健康増進法やその他の法律に違反する可能性がありますので注意が必要です。

明らか食品でない食品とは

  • 一般的ではない食べ物は明らか食品にはなりません
    「とある南国の山奥で10年に1度だけ実る果物が、便秘にきく」なんて
    情報は一般的ではありません。一般的に誰が見てもわかるということが、明らか食品の条件となります。
  • 健康増進法26条の中に病者用食品というのがあります。たとえば、塩分をおさえたしょうゆは、たとえ明らか食品であったとしても、高血圧に適すると言ってはならない。

健康増進法26条(特別用途表示の許可)
1項販売に供する食品につき、乳児用、幼児用、妊産婦用、病者用等の特別の用途に適する旨の表示(以下「特別用途表示」という。)をしようとする者は、厚生労働大臣の許可を受けなければならない。

Return back

サプリメント・健康器具・化粧品・臨床試験(治験)のデザインでお悩みの方

お問い合わせはコチラ