子宮内膜症の症状は”痛み”です。手術で切除しても繰り返すことも多いこの病気で悩んでいる方に臨床試験が一つの治療見直しのキッカケになればと考えました。女性の繊細な悩みを伴う病気なので、メインのイラストには女性誌でも描いているイラストレーターさんを起用。全体の色彩も柔らかめな配色にして、試験の内容を優しく語りかけられるようなビジュアル設計を目指しました。