■Project
日本茶カフェのWEBサイト設計・制作

■Concept
お茶は、嗜好品の枠を超えて「日本人」のidentityに繋がる精神性を携えている飲み物だと思います。茶人千利休が完成させた茶の湯「侘茶」は簡素簡略の境地すなわち「わび」の精神を重んじており、簡素簡略の中にある美に「気づく」感受性こそがクリエイティビティのきっかけになっています。茶の世界そのものを表現するのではなく、お客さんも従業員も日常化している「茶々工房の魅力に改めて気づき発信する」こと、それこそが茶の精神だと考えました。

■Concept visual

■Design
茶々工房は料理、お茶、インテリア、接客にお客さんを惹きつける魅力を持つ店です。 お客さんと店員が一番会話をする場所であるカウンター席、その目の前にある先代から使われている茶釜を メインビジュアルに使用しました。コースターの布や、店舗の木材など、茶茶工房で使用しているものをデザインエレメントに採用。先代の店主が描く料理の絵をメニュー画面に採用。上品だが日常的、静かだが暖かい茶々工房の質感をウェブの デザインで表現した。

■Result
美味しい料理とお茶で、テレビ取材がたくさん来る人気店になりました。弊社もメニュー表、ウェブサイトと様々なクリエイティブツールの制作で貢献させていただきました。