■Project
過活動膀胱治験参加者募集広告の設計・制作

■Concept
過活動膀胱の症状がある人は、症状が気になり外出を控えて家に閉じ籠り気味になったり、対人関係が疎遠になったりうつ病などの精神病を併発する人もいるデリケートな疾患である。薬機法の点から、症状の改善を印象付けられる表現は使えない。過活動膀胱と大きなキャッチコピーを配置して、カフェでお茶を飲むモデルの写真をメインビジュアルで使用。キャッチコピーとビジュアルであえて矛盾させることで、治験薬への興味換気を図るトリガーとした。

■Concept visual

■Design
キャッチコピーとビジュアルの矛盾が興味喚起へのトリガーとなるため、メインビジュアルは爽快感のある青空が印象的なロケーションで撮影。モデルさんにも充実感を感じている表情をしてもらった。爽やかで清々しいデザインにすることで、違和感、矛盾が大きくなり印象が強くなるように制作をした。